脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射とは

痩身エステでは、脂肪を溶解する薬液を注入して蓄積した脂肪を除去してくれる脂肪溶解注射をメニューにしているところもあります。医師が在籍する施設でないと行えませんが、効果的な痩身法として人気です。薬液に使われているのは、ホスファチジル・コリンというもの。

 

乳化作用や脂質代謝、肝機能改善などの効果を持つ薬液です。ホスファチジル・コリンは、もともと高脂血症や脂肪肝の治療薬として使用されてきた薬です。大豆由来のリン脂質ですから、天然由来の薬液といってもよいでしょう。

 

脂肪溶解注射では、ホスファチジル・コリンの脂肪に対する多機能性を応用します。皮下脂肪の多い部分に注射すると、脂肪そのものを除去することができるのです。溶けた脂肪は、老廃物として尿や便に排出されます。

 

メリットとしては、リバウンドしにくいという点が挙げられます。脂肪吸引も医師が行う痩身法ですが、こちらは脂肪を物理的に取り出すので負担が重くなります。その点、脂肪溶解注射は、比較的体への負担が軽い痩身法だといえます。

 

ただし、ホスファチジル・コリンが生体内に存在するリン脂質だとはいっても、実際に注入される薬剤の成分や調合比率は医師によって異なります。実績の確かな医師のもとで受けないと、リスクが高い施術なのです。

 

アレルギーを起こす体質の人もいますから、事前にアレルギー検査を行ってくれるような医療機関を探して相談したほうがよいでしょう。効果は確かな痩身法ではありますが、それなりにリスクがある場合もあることを考えて検討してみてください。