脂肪吸引とは

脂肪吸引とは

外科的な手術の痩身法に、脂肪吸引があります。脂肪細胞を物理的に除去する痩身エステ法で、米国では年間30万件以上も実施されています。他の痩身法に比べると、即効性が高いところが人気の理由です。

 

従来は、脂肪吸引というとメスを使った大掛かりな手術が行われていました。今では、カニューレという金属製の細い吸引管を使い、簡易的に行われています。皮膚下の脂肪細胞を吸引・除去できるので、文字通り脂肪がなくなるのです。

 

脂肪吸引で吸引できる脂肪の量は、部位や肥満度によっても異なります。最近は技術の向上により、腹部や太もも以外の場所、例えば頬やあごなどの顔、お尻、ふくらはぎ、足首でも吸引が可能です。

 

最大の特徴は、痩せたい部分を集中的にシェイプアップできること。我慢して長期間頑張る必要もないので、即効性を得たい人にピッタリです。手術したその日からサイズダウンを実感できるので、満足度も高いはずです。

 

しかし、脂肪吸引にはリスクの可能性も高いのです。外科手術を行うので、吸引部分が腫れてしまうこともあります。皮膚に凹凸が残ってしまう場合もあるので、実績のある医師を選ぶことがポイントです。

 

チューメセント法やPAL法など、体への負担も少ない脂肪吸引法が開発されていますから、それらを選んでみるのも方法です。脂肪吸引で取り出した脂肪は、脂肪注入法で胸などに再注入することもできます。
サイズダウンとバストアップを兼ねられるとあって、これもまた人気の施術法です。